読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライライの旅ブロー

旅ブロ!!!

深夜に出発したら1日日帰りで遊べるくね?vol.5



岡山さよなら。
ここから下道で京都の北部まで帰ります。
鳥取、兵庫を横断し、京都まで、約4時間くらいですかね。

よっしゃ出発しよー

エンジンひねる。。。。
ん?(^^;;

あれ?(・・;)

ちょっと。(ーー;)

うそやん((((;゚Д゚)))))))!!!

はい。バッテリーあがってました、私の愛車。

朝エンジンつけっぱで寝るから・・・
いろいろとググって大丈夫やなと思ったんですけどねー
まあ意外とアテにならないってことがわかったんで、よしとしましょうか。
旅はトラブルが常とも言いますし。
まあそんな常に起こったらメインが旅ではなくなるとは思うんですけど。

そんなこんなで近くのガソスタの人にわざわざバッテリーのためだけに来ていただきました。
まあちょっと入社して日が浅かったのかな?
手こずってはいたんですけどね、まあなんとかエンジンかかったんで、よしとしましょう。
よしとすることが多いなとは思うんですけども。

帰ろうとしたらね、若い方たちが集団でぞろぞろやってきてですね。
男女合わせて、15人くらいかな。
そんな人数で旅館に泊まったらですね、
きっと楽しいだろうなーなんて思いながら、車を徐行で進めていったんですけども
あの時の虚しさったらないね!
もう女の人なんて、綺麗な人ばっかりでね。
羨ましいですよね、そのくせこっちは男二人で深夜に出発して日帰りですからね。
金をケチるにもほどがあるだろうって話になっちゃいますよね。
実際に話したわけではないんですけども。

帰り際なんてね、鳥取のあたりかな?
風力発電に使う風車が回ってたりするんですよね。
うわー珍しいなと思って、なんで行き気づかなかったんだろうなと思ってたんですけど
冷静に考えたら夜中出発して、真っ暗な中風車が見えるわけねーだろ、なんて、心の中で思っててね。
なぜ、相方に話しかけないかと言いますと、もちろん寝てるからですね。
寝る子は育つなんて、言いますけど、もうおっきくなる必要はないからな、と言うといた方がいいのかな?
まあ運転してる時に寝られても腹は立たないという珍しいタイプなんでね。ちょっと行きも帰りも寝るのはすごいなという、ある種尊敬のまなざしも入っていましたね。
もちろん皮肉なんですけどね。
そんなこんなでね、やっと地元にたどり着いてですね。
今回の岡山編は無事終了ということに相成りまして、ございます。

みなさんもですね、夏休みを機にどこか旅行を考えられている方いると思うんですけれど。
よかったら参考にしてみてください。

深夜に出発したら1日日帰りで遊べるくね?vol4

お腹もいっぱいになったことで、だいぶ動く活力が戻ってきたと言いますか。。
煮物か、おでんか、串か忘れたんですけど、セルフでとれる食べ物があってそれもかなり美味しかったですね。



そうなってくると、次はお土産ですよね。
事前にガイドブックなどで調べたところ近くにワイナリーがあるということでしたので、伺ってみることにしました。

ワイナリーに入ってみて、何か違和感・・・
あっ、ミラーが反対向いてる!

雪ってすごいですよね。
毎年こうなるみたいなんですが、雪によって道路が通れなくなることなんてザラみたいです。
つか、ここから落ちたら怖いやんな、今思えば・・・
まあ気を取り直して。笑
ワイナリーの扉を開けてみると、いろんなワインが並んでました、仕切りがしてあって、そちらの方を見るとテーブルが並んでいましたので、そちらで試飲をしながら食事もできるみたいです。
昼ごはんを食べたばかりだったので、食事は出来ませんでしたが、ワインの試飲をすることはできました。
ジュースの試飲もさせてもらい、かなりお土産選びは満足しました。
私も彼も、酒好きなもんで、よく一緒に酒を飲みます。
まあ家でもお互いよく飲むので、お土産をワインにしたのは自分達が飲むためでもあるのですが。笑
私は二日で一本空にしてしまいました。笑
ワインではありますが、飲んだときに喉元をカーってなる感覚はなく、ジュースみたいにさっぱり飲めると。。
まあ女性にも飲みやすいお酒ですね(^^)

他にも見て回りたいスポットはたくさんありました。
できれば岡山市内の方まで行って、ジーンズ発祥の地で、買い物とかもしたかったんですけど。いかんせん時間がない!笑
できれば、一泊して、次の日ゆっくりまわるというのがベストやったんですけどねー。
帰りの時間は交渉して、7時に遅らせてもらったんですけど、それでも3時には岡山を出ないと間に合いません。

なくなく、岡山を後にすることにしました。泣

私たちは、お金がないんで、余裕のない旅になっちゃいます。
でもどう考えても、計画をちゃんと立てて、旅行した方がいいんです!笑
日帰り温泉で、砂湯温泉。
蒜山高原で散策ってけっこうのんびりなオススメルートです(^^)
温泉旅館のランキングです。
夏休みどこかゆっくり旅行したいそこのあなた!
よかったら利用してみてください(^^)


深夜に出発したら1日日帰りで遊べるくね?vol3

温泉には3時間くらい移動して浸かってを繰り返していました。
40代くらいの夫婦が途中で温泉に来て、その方たちの出身が大阪ということで、私たちの地元が京都ということもあり話はちょいちょい盛り上がりました。
やっぱり旅先の出会いはいいですねー
私は主に聞いてるだけなんですが、いろんな考えを受信してるので、損はしていないはず。


3時間も浸かってたらのぼせたりしないの?と思ったそこのあなた!笑
大丈夫です、温泉の温度が高くないので。
だいたい人肌と同じくらいの温度を下回ってたり、上回ってたり。
いくらでも温泉に浸かることができます。
私達が行ったのは日中でしたが、夜中に行ったら人が多くて、それはそれで面白いそうです(^^)

ふと、時計を見ると11時頃でした。
お昼時、だいぶ名残惜しかったんですけど、ランチ食べに行きます。
さよなら湯原温泉

車で20分ほど移動したところにある、蒜山(ひるぜん)高原でランチをいただくことにしました!
なぜならですね、ひるぜん焼きそばB級グルメとして有名だったからでして。。
写真はないんですけど。笑
うどんに近いようなちょっと太めの麺、とそれに絡む味噌だれがマッチしていて美味しかったですよ。
親鶏とキャベツ、上に温泉卵。鉄板にのってやってきたので、まずは耳で楽しめる。
卵を割ったときの、ジューって音がたまらなかったですね。(^^)
あまりにもおいしかったので、このひるぜん焼きそばの味噌だれをお土産で買うことにしました。笑
相方はうどんを食べてました。笑
もとはそのお店の方が讃岐でうどん屋さんをしていたみたいで、それはそれで美味しそうやったんですけど。
まあいっか。笑

日帰り旅いいですよ。
私達みたいにクレイジーな日程にしないで、余裕のある旅を。笑↓↓↓


深夜に出発したら1日日帰りで遊べるくね?vol2




朝起きた、体中か痛い。
そらそうだ、いつものベッドではなく、車の中で二時間仮眠をとっただけなのだから。
相方は隣でまだ寝てる。
外はマイナスの世界なのに、よく寝れるなこの人、ある意味尊敬に値する。笑
とりあえず、パンとコーヒーを求めて、コンビニに行くことにした。歩いて。
時間は朝の5時、まだ冬があけてない、ようやく日が差しかけてきた時間帯だ。
とりあえず寒い、わたしはすごく寒がりだ。
しかし、朝焼けがとても綺麗だった。
空気が澄んでいるから余計か?
深夜に出発した苦労が一割ほど報われた瞬間だった。

車に帰ってボーとしてると相方が起きてきた。
「とりあえず頭起こすか」
「そうですね」
車を動かし、岡山の景色を楽しむのだ、田舎度合いは私達が住んでいるところと大差ないが。
運転中にパンを食べだすと、
「何それ?」と尋ねてきた相方。
「さっきコンビニで買ったんですよ」と俺。
「俺も買う」
「なぜ、起きたときにそうならない」

彼は、自分一人だけのけものにされるのを何となく嫌がっているフシがある。
しかし、私は一人で行動することを好む。
もとから性格があっていないのだ。笑
しかし、一週間の大半はこの人と顔を合わせている。
仕事先が一緒だと言うことを差し引いてもだ。

コンビニに行って、買い物をすますと温泉に行こうということになった。
散策はどこに行った。まあいいか。

目的地である砂湯温泉に直行することにした。
この温泉に入るためだけに、深夜に出発したようなもんだ。
冷静に考えたらアホだ。

ちょっとわかりづらいかもしれない。
左に流れているのは川で、右の三つが温泉、さらに右に見えるのが、脱衣所。
気温が低いのと、温泉の温度が低いこともあって、裸だとずっと温泉に浸かってないと寒い。
ただ、いくら寒くても景色を楽しめるのだ、行く価値はあった

こんな感じで。

ちなみに砂湯温泉は混浴で、無料だが。
行ったのが私達以外に誰もいなかったので、絶景の温泉を誰に邪魔されることもなく楽しむことができた。
その点も非常に良かった(^^)

続きはまた明日。
それでは(^^)



深夜に出発したら1日日帰りで遊べるくね?vol.1

京都府の北部から岡山までは高速を使うと、約4時間くらいはかかる。 1日日帰りだと、朝8時に出たとしても、ゆっくり遊んだり、食べたりすると帰ってくるのは、夜の12時を越すだろう。 しかし、相方の事情で夕方の18時までには家に帰りたいと。 そうすると、昼の2時には向こうを出なければいけない。 朝8時に出たとしたら滞在時間は2時間・・・ 短すぎる!!!!!!笑

それに対する私たちの答えはこうだ。 「前日から寝んかったらいいやん」 かくして、前日の仕事終わってから出発して、次の日の早朝に到着する、無謀としか言いようのない旅が始まるのである。

ちなみに夜中出発することにより、全て下道で行くことになった。 目的地は岡山県にある〈湯原温泉〉だ。 ダムを見ながら入れる温泉の〈砂湯〉は無料で温泉に入ることができる。 すぐ横は川が流れていて、絶景を楽しむには最高なのである。 行きしの道は、私が運転することになった。 クレイジーな相方は隣で携帯でナビをすることになった。

出発して1時間も経ったころ、隣から「スースー」と穏やかな寝息が聞こえてきた。 彼は寝ていた。。。 そして、携帯は床に落ちていた。 そのため、私は床から聞こえてくるかすかな携帯の声で目的地まで行くことになった。これが旅の幕開けとなったのである。 目的地に到着した瞬間に、クレイジーな相方は起きた。 正直に言おう、びっくりした。 そして、彼は一言 「寝てしまってすまん。ここどこ?」

「目的地到着です。」 おそらく、携帯のナビよりも無機質な声に違いなかった。

とりあえず、車を止めて、仮眠したかった。 車を運転している間は全く眠くなかったが、目的地に到着した瞬間に、猛烈な眠気に襲われてしまい、近くのパーキングに車を止めて寝た。 外の気温はマイナス何度か、寒かった、ひたすらに。 車のエンジンをつけっぱで寝ることで対応した、おかげでバッテリーが帰りあがってしまうという、事件が起きた。 まあそれはのちに書くことにしよう。

自転車で○○○まで行けなかった話。

昨日のブログにも書いた通り、昨日は自転車で神崎海水浴場に向かう予定でした。

ところが、その予定をキャンセルすることになってしまいました(-_-)

 

雨が降っているくらいだったら決行したんですけどね。

しかし、残念ながら雷注意報が出ているために行くことができなかったんです。

雷注意報が発令されるのは、気象庁によりますと

雷注意報は、落雷により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。また、発達した雷雲の下で発生することの多い突風や「ひょう」による災害についての注意喚起を付加することもあります。急な強い雨への注意についても雷注意報で呼びかけます。

とあります。

ここの落雷により災害が発生するおそれ、というところがポイントです。

 

雷に打たれて死亡する例として、〈平地にいて〉打たれる場合と〈木の下で雨宿りして〉打たれる場合が多いみたいです。

前者は高いものに雷は落ちやすいという法則から

後者は木に雷が落ちて、その木の下にいると幹や枝を伝って、雷に感電する、という理由から。

それぞれ危険なポイントはあります。ではなぜ、私たちは昨日キャンセルしたかと言いますと。

 

前者の平地にいて、雷に打たれるリスクが高かったからです。

神崎海水浴場までの道のりは道幅が広く、ところどころで建物が完全になくなり、雷に打たれる危険性がとても高くなります。

自転車初心者の私たちは、雷が本格的に鳴り出した時にキチンと対応できるかどうか分からなかったため、中止にしました。

一般的には、自転車走行中であれば、すぐ避難をして、建物の中に入るのが効果的みたいです。

もし、公園や平地で近くに建物がない場合は、そのまま立ちっぱなしだと大変危険なので、しゃがんで安全な場所を見つけて避難するといいそうです。

 

あと夏だったらなりやすいのが熱中症ですね。

運動不足の人や、クーラーかかっている部屋にずっといるような人がなりやすいみたいです。

スポーツする人でも、ただ外出するだけの人でも、こまめに水分補給することがかなり大事になってきます。

上記のような、雷対策や、熱中症対策で、この夏を楽しく乗り切りましょう!

それでは(^^)

 

自転車で○○○まで行ってきた・・・vol4

 

 

はい、自転車旅の第四弾になりますね(^^)

 

今回は、神崎海水浴場に行きます。

相変わらず、クレイジー野郎がですね。

 

「日曜日海行きますよ。」

「りょうかいですー、何時出発ですかー?」

「10時で。」

「えっそんな早く行くんですか?」

「チャリで行くんで」

「えっ(; ̄O ̄)?」

って言う会話がありましてですね。

本日の午前10時に出発して、神崎に行って、海に入って、帰ってきます。

 

そう!

海に入ります。

海って疲れるイメージがありますよね!?

私にもあります・・・笑

たぶん、前回の旅よりも1日の疲れで言うと、疲れるのではないでしょうか(^^;;

しかし、楽しさを追い求めて行ってきます。

また明日以降詳細を書こうかなと思っております。

短いですが、ここらへんで(^^)