読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライライの旅ブロー

旅ブロ!!!

自転車で○○○まで行けなかった話。

昨日のブログにも書いた通り、昨日は自転車で神崎海水浴場に向かう予定でした。

ところが、その予定をキャンセルすることになってしまいました(-_-)

 

雨が降っているくらいだったら決行したんですけどね。

しかし、残念ながら雷注意報が出ているために行くことができなかったんです。

雷注意報が発令されるのは、気象庁によりますと

雷注意報は、落雷により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表します。また、発達した雷雲の下で発生することの多い突風や「ひょう」による災害についての注意喚起を付加することもあります。急な強い雨への注意についても雷注意報で呼びかけます。

とあります。

ここの落雷により災害が発生するおそれ、というところがポイントです。

 

雷に打たれて死亡する例として、〈平地にいて〉打たれる場合と〈木の下で雨宿りして〉打たれる場合が多いみたいです。

前者は高いものに雷は落ちやすいという法則から

後者は木に雷が落ちて、その木の下にいると幹や枝を伝って、雷に感電する、という理由から。

それぞれ危険なポイントはあります。ではなぜ、私たちは昨日キャンセルしたかと言いますと。

 

前者の平地にいて、雷に打たれるリスクが高かったからです。

神崎海水浴場までの道のりは道幅が広く、ところどころで建物が完全になくなり、雷に打たれる危険性がとても高くなります。

自転車初心者の私たちは、雷が本格的に鳴り出した時にキチンと対応できるかどうか分からなかったため、中止にしました。

一般的には、自転車走行中であれば、すぐ避難をして、建物の中に入るのが効果的みたいです。

もし、公園や平地で近くに建物がない場合は、そのまま立ちっぱなしだと大変危険なので、しゃがんで安全な場所を見つけて避難するといいそうです。

 

あと夏だったらなりやすいのが熱中症ですね。

運動不足の人や、クーラーかかっている部屋にずっといるような人がなりやすいみたいです。

スポーツする人でも、ただ外出するだけの人でも、こまめに水分補給することがかなり大事になってきます。

上記のような、雷対策や、熱中症対策で、この夏を楽しく乗り切りましょう!

それでは(^^)